三方類 伊勢の職人が心を込めて造りました
さんぼうるい
宮忠で扱っている三方の材種は、木曽桧、代用材(ホワイト・スプルス)、吉野桧の3種類あります。

木曽桧製は長野県木曽の国有林(官材)から切り出された天然木で樹齢200〜400年の木曽桧の赤身を使用しています。

代用材製はアラスカ等で産出される外国材で、スプルスの中でも特に色の白いホワイト・スプルスを使用しています。

吉野桧製は地場に人工造林された桧材で、写真でも見られるように木曽桧製、代用材製が目の細い柾目の良材を用いているのに対して板目材の赤身と白身の混じった源平材を使用しています。

詳しくはこちらへどうぞ

三方(三宝)類とは


1_r2_c1.gif

土器類
瓶子、古代瓶子、口付瓶子、丸榊立、角榊立、九谷御酒、水玉、高坏、平皿、三寸赤皿はこちらにございます。
三方類
白木三方、朱塗三方、丸三方、雲脚、木製高杯、豆八足などはこちらにございます。
燈籠類
白木燈籠木曽桧製コード式、電池式から欅燈籠、pc燈籠など揃えております。ローソク燈もこちらです。

神鏡
神鏡は、神様のめどう(目標)として使います。お参りをする際に自分の姿を映して、自分の心を振り返るという意味もあります。
神棚板セット
組立式棚板セットはお客様がご自宅で説明書を見て簡単に組み立てすることが出来るように作られた神棚板セットです。
ローソク
ローソク、和ローソク、ローソク台と、ローソク周りを各種取り揃えました。

真榊
神様の領域をあらわす神具です。三種の神器・鏡・勾玉が付いているほうを向かって右へ。剣がついている方を左へ配置します。
榊葉
外宮せんぐう館前宮忠本店・おかげ横丁宮忠で、お客様に好評をいただいています。本榊葉をお使いの方でも、夏には直ぐに枯葉が目立ち気になると仰る方々に大好評です。
御簾
宮殿用の簾であり、神社では本殿・幣殿・祝詞舎・舞殿・拝殿・直会殿以下社務所など、各殿社の装飾に使用されていります。

外宮せんぐう館前宮忠本店 三重県伊勢市岡本1丁目2-38
TEL 0596-28-0412(代表) FAX 0596-28-9690
お店にお越しの際は、住所でカーナビ設定をお願い致します。
(電話番号ですと、本社工場に設定されます。)
copyright © miyachu. all rights reserved.