Gmailをご利用いただいているお客様へ

3月に入り、弊社よりGmail宛てに送信したメールがお客様へ届かないという事象が発生しており、一時解消しておりましたが、4月6日現在も送信が不安定な状態となっております。誠に恐れ入りますが、Gmailのメールアドレスにてご注文、お問い合わせをいただいたお客様で、弊社からの返信が届いていないお客様は、ご連絡をいただけましたらと存じます。ご不便をお掛けし、誠に申し訳ございません。

「しめ縄を未来へつなぐプロジェクト」に取り組んでいます

神棚・大型神殿

お供え道具

オーダーメイド

御霊舎・先祖まつり

盛り塩

  • 盛り塩

火打石

  • 火打石

屋外社殿

神祭具(調度品)

しめ縄

古物商許可番号
三重県公安委員会許可
第551320183500号


工場長の製作日記 1ページ目

2006年6月5日(月) オランジェ五十鈴の森 賀寿殿

神殿全景1

神殿全景2

親族席

正面階段

入場門

入場門青タモの額

地元の伊勢市内にて久しぶりに神前結婚式場のお仕事をさせていただきました。
写真の“オランジェ五十鈴の森”「賀寿殿」です。

最近はチャペル式結婚式の人気に押されぎみだった神前結婚式。
でも、やはり日本人、そしてここは神宮が鎮座まします伊勢の地。
地元の桧材をふんだんに用いて作られたこの「賀寿殿」、お仕事させて頂くのにも自然と力が入りました。

式に招待される来賓の方々や友人の方々も披露宴からの参加でなく結婚式から参列できるように工夫された式場は二方が窓も無く開放され、庭の木々の間から流れこむ風がなんとも清々しい素敵な神前結婚式場です。
日本古来の神前結婚式が見直される気運が高まってきたことは誠に嬉しいことですね。

次の写真に写っている「賀寿殿」の額。
これはこの賀寿殿が立つ前にこの山に自生していた青タモの大木から挽き出された板で作らせていただきました。
文字は宮忠の表札を書いて下さっている、奏風先生の書によるものです。

長い年月この地で生い茂っていた大木が形を変えてこの先いつまでもここに生き続けます。
この結婚式場から巣立つお二人も、いただいたご縁を大切に、いつまでも幸せにあり続けていただきたいですね。

工場長の製作日記 1ページ目
日記一覧へ