「おかげ横丁宮忠」休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申しあげます。

このたび、おかげ横丁は、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言対象地域に三重県が追加されたこと、および伊勢市の感染拡大状況を鑑みて、下記の期間にて営業を休止させていただくこととなりました。
つきましては、おかげ横丁宮忠でも同期間にて営業を休止とさせていただきます。
お客様にはご不便をおかけすることもあろうかと存じますが、なにとぞ主旨をご理解たまわり、ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

◆期間
令和3年8月27日(金) ~ 9月30日(木)

※休業期間は感染の拡大、収束の状況に応じ、変更される場合があります。

おかげ横丁休業のご案内はこちら
おかげ横丁休業のご案内|伊勢内宮前 おかげ横丁

オンラインショップと外宮せんぐう館前本店は通常通り営業しております。

神棚・大型神殿

お供え道具

オーダーメイド

御霊舎・先祖まつり

盛り塩

  • 盛り塩

火打石

  • 火打石

屋外社殿

神祭具(調度品)

しめ縄

宮忠のご案内



 

みなさん初めまして。
僕は宮忠本社工場で製作をしている川西弘志です。

僕の仕事は主に、神鏡台や狛犬といった木彫刻を彫ることです。
富山県井波の親方の元で五年間修業をさせていただき、地元である伊勢に帰ってきました。

先ず、彫刻をするには図案を書くことから始まります。
自分の頭の中で「こういう彫にしよう。」というイメージを作ってから図案を書きます。
図案を完成させてから木取りをした木に図案を書き写して彫っていきます。

彫っている時には「どうしたらもっとうまく彫れるか。」と考えながら彫っています。
同じ図案の彫刻を彫ったとしても、ノミの入れ方一つでまったく違う出来上がりになる事があります。
それだけ彫刻というのは繊細な仕事です。

僕はまだまだこれからもっといい彫刻を彫ってお客様に喜んでいただける彫刻を作っていきたいと思います。
神具に彫刻はつきものです。
少しでも良い神具をお客様にお祀りしていただけるように精一杯腕を磨いていきます。
皆さまどうぞ宜しくお願いします。

伊勢にお越しの際には是非とも外宮せんぐう館前宮忠本店、おかげ横丁宮忠へもお越しください。
お待ちしております。

彫師 川西 弘志