‘処分の仕方・方法’ カテゴリーのアーカイブ

神棚の塩抜きの方法を、教えて下さい。

2018年3月26日 月曜日

> 【ご相談内容】神棚の塩抜きの方法を、教えて下さい。

お尋ねの内容は「性根抜き」の事でよろしいでしょうか。

神棚を処分される場合、神道ではあまり決まりはないように存じます。
処分の方法は、神社様によって様々でございます。

古札を返納しお焚き上げして頂く方法等がございます。

また神職様に祀り場所へお越しいただいて現在の神棚をお祓いいただき
その後に神社様でお焚き上げいただくのがなお丁寧かと存じます。

お祀り頂く方のお気持ちに合う方法で処分いただくのがよろしいかと存じます。

【初めての神棚~まつり方・選び方~】
 https://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html

古い鏡の処分方法を教えてください。

2018年3月12日 月曜日

> 地域の神社の<御神鏡>の新調を計画しております。
> 新、古の入れ替えの際の時期、作法、氏子へのお披露目の仕方、
> 古い鏡の処分方法を教えてください。

時期につきましては、大祭に合わせていただくなど宮司がおられましたら
ご相談いただくのが良いかと存じます。

作法としまして、月次祭の中で祝詞奏上に含まれる場合も考えられますが、
月次祭とは分ける際には、神様にこれから新しい御神鏡へ入れ替えることをお伝えして頂き
お願い(参拝)をさせていただき、交換いただけましたらと存じます。

誠に恐れ入りますが、
氏子様へのお披露目の仕方につきましては分かりかねますが、
月次祭や大祭の際にお伝えいただくのが良いのではないでしょうか。

古い御神鏡の処分方法につきましては
木製部分(神鏡台)はお焚き上げして頂き、
御鏡はお塩で清めていただき不燃物としてお出しくださいませ。

【神鏡】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266205/list.html

鏡の処分方法についてお尋ね致します

2018年2月10日 土曜日

> 今迄の鏡はお塩でお清めした後、
> 処分というのは袋に入れて通常の燃えるごみの日に出しても良いと言うことでしょうか?
> もしくは、お塩で清めた後何処かに持っていって処分するのでしょうか?

ご神鏡の木製部分については
お近くの氏神様にてお炊き上げいただけると存じますが、
お鏡の部分については燃えませんので神社様でも処分に
困られているのが現状でございます。

お鏡部分はお塩で清めいただき、不燃物としてお出し下さいませ。

またお焚きあげの日にち等は神社様によって異なると存じますので、
一度お尋ねいただくのがよろしいかと存じます。

右側のお稲荷様を新たに購入したいのですが、バラ売りされておられますでしょうか?

2017年8月4日 金曜日

> 残念なことに、地震で右側のお稲荷様が割れてしまいました。
> 右側のお稲荷様を新たに購入したいのですが、バラ売りされておられますでしょうか?
 
対での商品ですので、片方のみでの販売はしておりません。
申し訳ございません。
 
陶器はロットによっても大きさやまた彩色が変わるため、対でのお求めを
お勧めいたします。
 
【狐】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266151/267538/list.html
 
 
> また、割れてしまったお稲荷様は、どのように処分したらよいでしょうか。
> まつっていたものなので、ゴミとして出すのはとても気が引けます。
 
陶器類に関しては、お塩で清めていただいた後、不燃物として処分してください。
神社へお焚きあげを依頼できるのは、可燃物のみと聞いております。
 
【初めての神棚/九.お掃除の仕方】
 http://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html#9

古くなった鈴緒の処分方法をお教え願えないでしょうか。

2017年6月16日 金曜日

> 古くなった鈴緒の処分方法をお教え願えないでしょうか。
 
古い鈴緒は氏神様にてお焚きあげ頂くのが良いと存じます。
氏神様にお問い合せ下さいませ。

> 以前、お札を購入したのですが、郵送にてお札返納しても良いですか?

2016年7月20日 水曜日

> 以前、お札を購入したのですが、
> 郵送にてお札返納しても良いですか?

御神札は、お受けいただきました神社様で
お焚き上げを行っていただくのが一般的でございます。

お受けいただきました神社様へ一度お尋ねくださいませ。

折角、お問い合わせいただきましたのに、
誠に申し訳ございません。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

お酒をお供えしないときは瓶子を並べるの?交換した榊葉の処分は?

2010年5月14日 金曜日

 
   Q.1.1日・15日のみにお酒をお供えしようと思っているのですが、
   中にお酒を入れていないその他の日は
   瓶子は神棚に並べておいてもよいものなのでしょうか?
   それともお酒をお供えする時のみ並べるのでしょうか?
 
   2.交換済みの榊はどのように処分したらよいのでしょうか?
   可燃ごみの日に他のゴミと一緒に捨ててよいのか、近所の神社の古札納め所に
   持って行ってよいのか…?
 
   3.お供えする「洗米」とは?
   我が家では朝食にご飯を炊かないため、今はお米を軽く水洗いし、水気を切った後
   湿った状態でお供えしていますが正しいのでしょうか?
 
   4.宮忠様の商品に「造花榊葉」がありますが、こちらの商品を使用する場合でも
   1日・15日には新しいものと交換するのでしょうか?
 
   A.1.お酒を入ていない瓶子は、
   神棚にお供えせずにしまっておいていただき
   お酒を入れてお供えする時だけ他のものと一緒に
   神前に並べてください。
 
   瓶子
 
   【土器類】
    http://ise-miyachu.net/SHOP/266151/list.html
 
   2.可燃ゴミとして処分していただきましたら良いと存じます。
 
   3.洗米は、水洗いをしたお米のことで、炊く前の状態です。
   お米は洗ったあと、乾かしてから神前にお供えして下さい。
   特にこれからの時期は、お米を湿った状態でおいておくといたみやすいですので
   水洗いをしない無洗米をお使いいただいても良いと存じます。
   また、洗う代わりにお米の上へ塩をひとつまみおいて
   お塩で清めていただいても良いと存じます。
 
   4.造花の榊葉は、1日・15日に交換せずに
   そのままお使いいただきましたら良いですが
   1年に1回程度は新しいものに交換していただくと良いと存じます。
 
   造花の榊葉は、
   夏場や旅行等で長期間不在する時などに大変便利だと
   弊社の店頭でもお客様に好評をいただいている商品でございます。
 
   造花榊葉
 
   【造花榊葉】
    http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266191/266199/list.html
 
神棚 神祭具 伊勢 宮忠