‘しめ縄について’ カテゴリーのアーカイブ

玄関用しめ縄に取り付ける場所について

2018年3月8日 木曜日

> 蘇民将来子孫家のしめ縄玄関の外側に
> 壁のスペースが狭くドアに当たります。
> ドアの上方につけるのはよくないですか?
> 右の壁は良さそうなのですが、左側の壁では良くないですか?

特に決まりはございませんので
住宅環境に合わせてしめ縄が落ちないよう
お取り付け頂きましたらと存じます。

伊勢地方では、
玄関の扉上部へ取り付けることが多いですが、
ドアの横の壁で左右どちらでも問題ございません。

ミニサイズのしめ縄に柑橘系を取り付ける方?

2018年2月21日 水曜日

> ミニサイズには橙がありません。
> 今回は自作でとりつけようと考えています。
> スダチやライムなどといった小さい柑橘系をと考えているのですが、
> その取り付け方について、どう取り付けたらいいのかわかりません。
> アドバイスを頂戴できればと存じます。

玄関しめ縄はネットを利用して橙をしめ縄に取付けています。

小さなネットが無ければ、タコ糸のようなもので簡易のものを
お作りいただくのも一つでしょうか。

良い案がお答えできず申しわけございません。
御一考くださいませ。

橙は、同じ木に新旧の実がなることから、
「代々(だいだい)」の名がついたともいわれています。

小さな柑橘もお選びいただく際には、
いわれを考慮いただくとなお良いかと思います。

しめ縄の切り下げ(紙垂)の付け方が分かりません

2018年2月21日 水曜日

> 紙垂という紙の付け方がわかりませんでした。

一本〆の商品ページ内に
「しめ縄取付説明」というページを設けております。

下記URLよりご覧いただけます。

【しめ縄取付説明】
 http://www.ise-miyachu.co.jp/item_simenawa/shimenawa_toritsuke.htm

しめ縄の処分について

2018年2月21日 水曜日

> 今年の使っていた、しめ縄です。
> どうすればよいか教えてください。
> どんど焼きがないんです。

お近くの神社様に古いお札を納める場所がございましたら
こちらへ納めていただいても良いと存じます。

上記場所がございませんでしたら、
今までの感謝の気持ちをこめて
お塩でしめ縄を清めて頂き、可燃物として処分頂けましたらと存じます。

しめ縄の保管方法について教えて下さい

2018年2月21日 水曜日

> 年末のしめ縄取替えまでまだ日数がありますが、
> 変色させない方法がありましたら教えてください。

しめ縄がお手元に届きましたら、
すぐにビニール袋から出していただき
日陰の涼しいところで保管頂ければと存じます。

藁製の為、ビニール袋に入れたままや
湿気のあるところへ保管しますとカビが発生することがございます。

昨年のお飾り(しめ縄)はいつ交換すればよいのですか

2018年2月21日 水曜日

> 昨年のお飾りはいつ交換すればよいのですか

注連縄お取替えは、年末にお掃除をして頂くタイミングで
新しい物にお取替え頂ければと存じます。

12月31日は、「一夜飾り」といってよくないとされ、
29日も9を苦と読み「苦立て」「二重の苦」といって
縁起が悪いとされて避ける方が多いです。

【しめ縄館】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266663/list.html

しめ縄は忌中でも飾り続けていいのでしょうか?

2018年2月10日 土曜日

> 伊勢地区では一年中しめ縄を飾っているお宅もあると聞きますが
> 家内に葬祭があった場合はどうされるのでしょうか?
> 忌中でも飾り続けていいのでしょうか?
> また新年のしめ縄は新しいものに替えて飾り続けるのでしょうか?

一般的に喪中の方はしめ飾りをつけないことが多いと存じます。
伊勢でも喪中の家の玄関しめ縄は外しているところが多い様に存じます。

玄関用しめ縄の橙(ダイダイ)が黒くなり交換した方が良いか?

2018年2月10日 土曜日

> 正月より飾らせていただいてます注連縄が先日 みかんが黒くなり
> 藁に黒カビのような物が付着しました。
> 破棄が好ましいと思うのですが
> その後は 新しい年になるまで
> 新しい注連縄を購入して飾るものなのでしょうか?

新しいしめ縄へ交換いただいても良いと存じます。
伊勢のしめ縄は一年中飾る風習がございますので、
伊勢ではカビて黒くなったしめ縄もそのまま飾られているように思います。

またはお天気のよい日に取り外してよく乾かしていただき
タワシなどで藁に沿ってカビを落としていただくのも一つかと存じます。

落とした後にカビの青い色が残って
気になるようでしたら、新しく取り替え頂ければと存じます。

橙は茶色くなりしぼんできますが
一年中、お飾りを取り付けたまま玄関へ飾ります。

橙がグチュグチュしているようなら取り外してください。
乾かしてしっかりとしているようなら、代々栄える、繋がるといった
いわれがありますので残していただけばよいと存じます。

もしも不幸があった場合は「しめ縄」は飾って良いものか悪いものなのか教えて下さい。

2017年5月13日 土曜日

> 昨年の年末は「しめ縄」が既に完売になっていた関係で
> 今年は早目に購入する予定ですが、早目に購入した後に
> もしも不幸があった場合は「しめ縄」は
> 飾って良いものか悪いものなのか教えて下さい。

伊勢地方では、不幸事があった際には、玄関しめ縄を取り外す風習がございます。
年が開けてから新しいものにするご家庭もあれば、初盆を迎えてから取り付けられるご家庭もあり様々です。

新しい神棚・しめ縄に取り換える時期は?K-3とK-11の違い・特徴は?

2017年5月13日 土曜日

> ・新しい神棚に取り換えする時期は通常は年末でしょうか(古い神棚はその後
> に近くの神社へお納めすることになるのでしょうか)

お取替えいただく時期は決まったこととしてはございません。
弊社ホームページの初めての神棚ページや一問一灯のページにも
ご紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

初めての神棚 http://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html

一問一燈  http://www.ise-miyachu.co.jp/faq/

> ・新しい神棚(今はK3を希望していますが)せっかくですので神棚に合うしめ縄
> も一緒にお分けいただくことはできますでしょうか

お祀りいただく神棚板などの間口に合わせた長さの一本〆を
お選びいただけますと良いかと存じます

神棚用一本〆   http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266663/list.html

> ・K3とK11の違いや特徴はどんなことでしょうか

K-3は木曽桧製、御神札は裏側から納めていただきます。
欄干は取り外しできません。

K-11は外材の米桧製、御神札は正面の扉を外して入れていただきます。
欄干を取り外すことができます。欄干の後ろに袖板がついています。

大きな違いは以上のようなことでしょうか。
詳しくは各商品ページに詳しくご案内していますのでご確認くださいませ。

K-3  http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kd-k3-kh-000.html

K-11 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kd-k11-bh-000.html