‘木曽桧’ タグのついている投稿

神棚から木曽桧の香りがしません。

2017年8月8日 火曜日

> 総木曽桧の材質で、香りも良いとホームページに記載があり、
> 実際購入された方々のコメントをあるところで拝読しても、
> 桧の香りが大変に良いというように記されていたため楽しみにしておりました。
> 本日拝受致しました神棚はそのような香りが一切ございません。
>
> 恐れ入りますが、この点についてご回答をいただけますでしょうか?
 
木曽桧の香りについては、個人差もあると思いますので、
感じやすい方、そうでない方もみえると思います。
 
木は削ると香りがより感じられますので、神具などの梱包にも
使用します鉋屑は、より木の香りを感じていただきやすいのではないでしょうか。
 
また、絞ったふきんでお掃除いただくと、木の香りは感じていただき易いと存じます。
 
木曽桧は香木ではございませんので、ずっと香りを出し続ける木ではございません。

4寸の折敷に入る一番大きい平皿は、3.5寸でしょうか?

2016年8月9日 火曜日

> 4寸の折敷に入る一番大きい平皿は、3.5寸でしょうか?それとも3寸でし
> ょうか?
> できれば水玉は3寸のものを購入したいのですが、その場合、3.5寸や3寸
> の平皿の上に置くと足元(?)のバランスが不安定にならないかという点も心
> 配です。

4寸の折敷でしたら3寸5分までの平皿がご利用いただけます。
※木曽桧・吉野桧のどちらも同様です。

3寸の水玉をお使いいただくには、平皿は3寸5分が宜しいかと存じます。

>  一尺の折敷(昨年こちらで購入)の上に、
> 挟み込み式短冊立て(11.5×4.5×4cm。昨年こちらで購入。
> 今は購入履歴を見るとNO1でミニになっているが、
> 当時はミニサイズではなかった)および広幅(7.5cm)の短冊を、
> 折敷の奥によせて置きます。
> その手前の空いたスペースに、平皿(今後購入予定)を置き、その上に4寸の
> 香炉を置きたいのです。
> その場合、平皿はどのサイズだと折敷の中に入るでしょうか。
> できれば6寸の平皿を置きたいのですが、5寸のほうがよいでしょうか。

1尺の折敷に短冊立とご一緒にお使いいただく平皿は、
5寸が宜しいかと存じます。
余裕もあり、4寸の香炉を置いて頂きました際の安定も良いです。
6寸の平皿ですと、少し窮屈に感じられます。

【三方類】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266651/list.html

【平皿】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266151/267549/list.html

小型賽銭箱7寸は、一万円札を伸ばして入れられる大きさですか?

2016年7月20日 水曜日

> こちらの賽銭箱入り口は、一万円札を伸ばして入れられる大きさですか?

「小型賽銭箱 木曽桧 7寸」は、
お賽銭を入れて頂く入り口の幅が約17.3cmとなりますので
1万円札でも伸ばした状態で入れていただくことが可能です。

【小型賽銭箱 木曽桧 7寸】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/jc-sbkg-kh-070.html