‘茅葺神棚’ カテゴリーのアーカイブ

新しい神棚・しめ縄に取り換える時期は?K-3とK-11の違い・特徴は?

2017年5月13日 土曜日

> ・新しい神棚に取り換えする時期は通常は年末でしょうか(古い神棚はその後
> に近くの神社へお納めすることになるのでしょうか)

お取替えいただく時期は決まったこととしてはございません。
弊社ホームページの初めての神棚ページや一問一灯のページにも
ご紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

初めての神棚 http://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html

一問一燈  http://www.ise-miyachu.co.jp/faq/

> ・新しい神棚(今はK3を希望していますが)せっかくですので神棚に合うしめ縄
> も一緒にお分けいただくことはできますでしょうか

お祀りいただく神棚板などの間口に合わせた長さの一本〆を
お選びいただけますと良いかと存じます

神棚用一本〆   http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266663/list.html

> ・K3とK11の違いや特徴はどんなことでしょうか

K-3は木曽桧製、御神札は裏側から納めていただきます。
欄干は取り外しできません。

K-11は外材の米桧製、御神札は正面の扉を外して入れていただきます。
欄干を取り外すことができます。欄干の後ろに袖板がついています。

大きな違いは以上のようなことでしょうか。
詳しくは各商品ページに詳しくご案内していますのでご確認くださいませ。

K-3  http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kd-k3-kh-000.html

K-11 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kd-k11-bh-000.html

神棚 茅葺一社宮 国民神殿(小)〈K-3〉のお札の納め方は?

2016年8月20日 土曜日

> 神棚 茅葺一社宮 国民神殿(小)〈K-3〉の商品についてなのですが、
> 背面から御札をいれた後に何か壁になるようなものはあるのでしょうか?
>
> それとも画像のとおり全開のままなのでしょうか?

背面には、取り外し可能な背板が付いております。

御神札を納めていただく前に外していただき、
御神札を納めていただいた後に背板を
取り付けていただく仕様となります。

ホームページに掲載しております写真は
内陣(御神札を納めていただく場所)が分かりやすいように
背板が外れている状態になります。

【神棚 茅葺一社宮 国民神殿(小)〈K-3〉】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kd-k3-kh-000.html

出雲大社のお札を頂いてきました。神棚やお祀り方法は?

2016年7月26日 火曜日

> 先日出雲大社でお札を頂いてきました。
> 自宅に神棚がなく急ぎ用意したいと思っております。
> マンション住まいですので、小型のものが良いかと思っております。
> せっかくいただいたお札なのでお供えものなどもしたいです。

出雲大社のお宮の形は「妻入り型」となります。
現在、弊社で取り扱っております神棚の中では
「神棚 茅葺一社宮 妻入り型〈K-13〉」のみとなります。

内陣(御神札を納めていただく場所)寸法は、
幅120mm×奥行60mm×高185mmとなります。

※内陣の形が五角形になっておりますので
 中央付近の場合は、幅54mm×奥行60mm×高215mmとなります。
 詳しくは、下記商品ページのサイズ欄にございます
 図解をご覧くださいませ。

【神棚 茅葺一社宮 妻入り型〈K-13〉】
 http://www.ise-miyachu.net/SHOP/kd-k13-kh-000.html

また、以前に出雲大社の神職の方へお宮の形について
尋ねましたところ「特に決まった形はございません」とのことでした。

住宅事情で小型のお宮をご希望の場合は、
内陣寸法に現在の御神札を納めていただける神棚をお選びくださいませ。

> 設置する場所がないので、棚板も用意するべきかと思います。

各神棚の商品ページ下部に
「神棚・神棚板・雲板・神具セット」をご案内しております。
写真もご覧いただけますので、そちらをご参照くださいませ。

神棚のまつり方についてご案内しているページもございますので
よろしければ、こちらもご覧くださいませ。

【初めての神棚 ~まつり方、選びかた~】
 http://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html

> 現在のK-3より少し大きくとなるとK-2でしょうか?

2012年7月6日 金曜日

> 現在のK-3より少し大きくとなるとK-2でしょうか?

はい、少し大きめで同じ形の神棚をお求めでしたら
K-2 国民神殿 中のサイズでよいと存じます。

茅葺神棚 国民神殿 中<K-2>

【K-2 国民神殿 中】
http://ise-miyachu.net/SHOP/kd-k2-kh-000.html

> K-3’はK-3よりサイズ的に小さいですが金額は高いですが
> 何が違いますか?

K-3’はK-3の高さのみを低く加工しておりますので
その分、製作に手間がかかってまいります。
その為、K-3よりK-3’が高さは低いですがお値段が高くなってまいります。

神棚 神祭具 伊勢 宮忠

> K-16は重さもありそうなのでどのようにして壁面に吊り下げるのか詳しく教えていただければ幸いです。

2011年10月6日 木曜日

Q.> ただし北側壁面(写真B)はコンクリートで天井もベニヤ板で強度がありません。
> やはりコンクリートにビスを打ち込むしかないでしょうか?
> K-16は重さもありそうなのでどのようにして壁面に吊り下げるのか詳しく教えていた
> だければ幸いです。

A.コンクリートの壁ですとビスを止める位置にビス受けを先に埋め込んでから
ビスで固定いただかねばなりません。

壁が一面コンクリート製でしたら木製壁のように下地の場所を探す必要が
ありませんので、棚板の高さをお決めいただいた後、棚板の縦桟の左右2本から、
または横桟の上下2本から体裁の良い位置でビス穴を開けていただき、取り付け
位置に仮置きしてそのビス穴位置を印して、その場所にビス受けを付けて頂けば
作業がしやすいと存じます。

ビス受けの形や、それに合うドリルなどをご用意いただく必要がございますので
経験の有る方に取り付けていただくのが良いと存じます。

神棚 神祭具 伊勢 宮忠

>茅葺神棚タイプで二体用を探しています。

2011年9月7日 水曜日

Q.> そこで質問なのですが、茅葺神棚タイプで二体用を探しています。
> 転勤族で社宅を転々とまわっていますので、なるべく小さいものを購入したいのですが、どちらがお薦めでしょうか。

A.二体用の神棚はございません。
弊社取扱いのある神棚は三社造または一社造の神棚になります。

御神札のお納め方につきましては下記URLよりご確認下さいませ。

御神札のおさめ方
 http://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html#6

また、小さい茅葺神棚ですとK-24「茅葺神棚高倉型」がよいかと存じます。
写真・寸法等ホームページに掲載させていただいておりますので
ご確認下さいませ。

K-24

【K-24】
 http://ise-miyachu.net/SHOP/kd-k24-kh-000.html

他に、K-24に比べるとサイズは大きくなってしまいますが
K-16「茅葺箱入神棚一社造」もございます。
こちらの神棚は、箱宮になっておりますので棚の上に1枚板を敷きお祀りしていただけます。
また、持ち運びもしやすいかと存じます。

K-16

【K-16】
 http://ise-miyachu.net/SHOP/kd-k16-kh-000.html

神棚 神祭具 伊勢 宮忠

> K-2の後ろの板が取り外し可能とありますが、どのように取り外すのでしょうか?

2011年6月18日 土曜日

Q.> 御社でK-2 茅葺神棚 国民神殿 中を購入しまして
> 大角祓大麻が対応可能だったのでと中陣に納めようとした所
> 大きすぎて手前からは納めることが出来ませんでした。
> お社の後ろの板が取り外し可能とありますが
> どのように取り外すのでしょうか?
> 取り外し方を教えて下さい。
> 出来れば,図の方がありがたいのですが…

A.背面の下側に止め金具がついておりますので、金具を左右どちらかに

回していただき、裏板の下を引き出すようにしていただくと外れます。

取り付けて頂く場合は逆の手順で、先に上側の切欠き部を差し込んでいただき、

取り付けてください。

写真を添付しましたのでご確認ください。

K-2 茅葺神棚 国民神殿 中

K-2 茅葺神棚 国民神殿 中
 http://ise-miyachu.net/SHOP/kd-k2-kh-000.html

神棚 神祭具 伊勢 宮忠