御簾・麻房三段染のお手入れ方法について

2016年5月12日

> 麻房三段染(白・赤・黒)の黒の部分が横に広がりすぎていたので
> なんとかまっすぐにできないもですか?

職人に確認致しましたところ、目の粗いブラシで
とかしていただくとある程度広がりを抑えることが出来るようです。

【御簾(みす)オーダーメイド】
http://www.ise-miyachu.co.jp/misu-order.html

※ご注文時には、御簾房の細かなご指定は行っていただけませんので
予め、ご了承くださいませ。

神棚をお祀りしている持家から転居する場合の祀り方は?

2016年3月26日

> 【ご相談内容】神棚のある持ち家から転居するにあたり、
> 神棚は家をそのまま残すので置いていこうと考えております。
> 転居先も永くはいないので、このような方法を考えておりますが
> 問題はありますでしょうか?
> 何か方法、作法があればご教示願えないでしょうか。

お問い合わせいただきました件につきまして、
神社宮司にも確認をさせていただきました。

まず、転居先へ神棚の移設が可能でしたら一番良いのですが、
今回のように考えられるのであれば、留守中に持ち家を護っていただけるように
お祀りしておいていただくのも良いようです。

転居先へは、御神札掛けなど簡易なお祀りをされるのも良いでしょう。
その場合は新しく御神札を受けられても良いとのことでした。

【御神札掛け】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/list.php?Search=%E5%BE%A1%E7%A5%9E%E6%9C%AD%E6%8E%9B

儀宝珠、蝶番、海老錠、階段金具等の各種金具の材質は木ですか、プラスティ ックですか?

2016年3月26日

> 問い合わせ内容:
> 儀宝珠、蝶番、海老錠、階段金具等の各種金具の材質は
> 木ですか、プラスティックですか?
弊社にて販売をさせて頂いております
「儀宝珠・蝶番・海老錠・階段金具」の材質につきましては
小さなものに関しては真鍮製でございます。

大きな擬宝珠は鋳物であったり、別注サイズの階段金物などは
銅地で製作するものもあります。

安価なプラスチック製品は取り扱いがございません。

 

御霊舎 M-10、M-11の材には何が使われていますか?木曽桧でしょうか?

2016年3月26日

> ①材には何が使われていますか?木曽桧でしょうか?

桧材(地桧製)とシナ両面貼合板を使用しております。
M-10、M-11は価格を抑えた材料での製作となっております。

木曽桧製をご希望の場合は
M-10、M-11以外の御霊舎をおすすめ致します。

> ②「厚畳」は、どこに用いるのでしょうか? (サイズもお知らせ願います)

厚畳は、霊璽を納める内陣(扉の内側)に敷いて
お使いいただきます。

M-10の内陣(幅54.5cm×10cm×51cm)に納まる寸法となり
(約)幅36cm×奥行9.5cm×高7cmです。

> ③高さを上げるような小さな台か何かを下に据えることは可能でしょうか?

豆八足の上に神鏡を置き、お祀り頂ければと存じます。
寸法は、「豆八足 6寸」が最適です。

【豆八足 6寸】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/sb-mhs-bh-060.html

> <お願い>
> 遠方で実物を拝見できないので、
> 恐縮ですが現物の正面と横面(向って左側面)の写真を
> メールに添付して送ってはいただけないでしょうか?

現物の写真を添付致します。

・m10-1.jpg
M-10.詳細写真

・m10-2.jpg
M-10.詳細写真

・m10-3.jpg
M-10.詳細写真

・m10-4.jpg
M-10.詳細写真

・m10-5.jpg
M-10.詳細写真

三方(三宝)のお手入れ方法

2015年1月10日

> 三方はどのように手入れをするのが良いのでしょうか。

三方のお手入れ方法は、毛払いなどでホコリを掃っていただき
乾いた布巾などでカラ拭きをしていただければ良いと存じます。

また「初めての神棚 ~まつり方、選びかた~」のページにも
お掃除の仕方を掲載しております。

よろしければ、下記URLからご参照くださいませ。
http://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html#9

タンスの上に板と白紙を敷いた上に御札を直にお祀りしています。神棚に失礼ではないかと思っています。

2014年10月25日

お問い合わせ頂きました件につきまして
> 壁や天井に傷をつけられないので箪笥の上に板を置き白紙を敷いた上に御札を
> 直に立て榊、酒、米、水を置いていましたがこちらのホームページを見てこれ
> では神様に失礼ではないかと思っているところです。
> 環境に制限がある中でも最低限失礼にならないようおまつりするにはどうした
> らいいでしょうか。

○○様からご連絡いただきましたように
箪笥の上に敷板を敷いてお祀りされている方も沢山いらっしゃいます。
住宅事情により壁や天井に設置出来ない場合はこのように
お祀りしていただきますので決して、失礼なことではございません。

お祀りして頂くという気持ちが一番大事かと存じます。

御札を直で立てかけているとのことですので
弊社で製作しております、「御札掛け」などいかがでしょうか。

【神棚 御神札掛(おふだかけ)A型 一覧】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/g35537/list.html

※御札掛けの内陣寸法にも、様々ございます。
お持ちの神札と御札掛けの内陣寸法をご確認の上お選び下さいませ。
また、台付きの御神札掛もございます。
こちらには水玉(お水)、平皿(お塩)をお供えすることが出来ます。

弊社では簡易神棚以外にも多種類の神棚を製造・販売させて頂いておりますので
よろしければぜひ一度、ご確認下さいませ。

【家庭用茅葺神棚 Kシリーズ】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266179/266185/list.html

【家庭用板葺神棚 Iシリーズ】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266179/266183/list.html

【家庭用箱組神棚 Fシリーズ】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266179/266180/list.html

火打石セット 無地のサイズを教えて下さい

2014年7月24日

> 鎌と石の大きさを教えてください。

火打鎌の木部寸法は、縦9cm×横3cm
鎌と木部を含めた総幅は、約4.2cmのサイズになります。
火打石の目安寸法は:約5cm×3.5cm×1.5cm 
でございます。

また、火打石は瑪瑙石でございます。

【火打石館】
 http://hiuchiishi.ise-miyachu.co.jp/

しめ縄(神棚用) 切り下げ 紙製 2尺一本〆用の材質は何でしょうか?

2014年7月24日

> この紙の材質は何でしょうか?
> 半紙ですかそれとも奉書紙でしょうか。

 しめ縄の切り下げは、奉書紙のような
厚手の紙ではございません。

また、半紙でもございません。

機械すきの和紙ですが特別に作っていただいている和紙でございます。

【しめ縄(神棚用) 切り下げ 紙製 2尺一本〆用】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/sn-ks-km-200.html

神具の使い方やその他について教えていただければ幸いです。

2014年7月24日

> (1)毎月1日にお神酒とご飯を宮忠様で用意していただいた入れ物(皿やお酒入れ)で
> 神前に上げさせていただいているのですが、
> これと同じ形の物を仏前にも使ってよいのでしょうか?

同じものを使用せず、神様とは別の入れ物をお使いくださいませ。
神と仏とでは形が違うと存じます。

> (2)神前にお神酒やご飯を上げている時(お灯明等を上げている時)は、
> その部屋の窓などは開けていない方が良いのでしょうか? 
> 外からは見えないようにした方が良いのでしょうか?

窓を開けてもあけなくてもどちらでも特に決まりはございません。

> (3)神棚の両脇にお正月に仏閣でいただいた木札を置いてあるのですが、
> やはり別に置いた方が良いのでしょうか?
> 神仏混合の考えの時代と今とはやり方が違うのかもしれませんが、一般的にはどうしたらよいのでしょうか?

別に置いていただいた方がいいかと思いますが、
詳しくはその仏閣にておたずねいただくのが間違いないと存じます。
荒神様や稲荷様をお祀りになっている仏閣もございますので・・・

> (4)神棚が古くなってきたので新しくさせていただこうと考えているのですが、
> 新しくするのに適切な時期・季節というものはあるのでしょうか?
> 新しくする時は神社の宮司様にお願いさせていただいた方がよいのでしょうか?

ホームページにも掲載させていただいておりますので
一度ご確認くださいませ。

【神棚を祀る時期(旬)、取り替える時間】
http://www.ise-miyachu.co.jp/hajimete.html#1

> いろいろ細かいことを質問させていただいて申し訳ありません。このようなこ
> とを普段どうしたら良いのかと疑問をいだきつつ教えていただけるところがわ
> からずにいます。神社の宮司様か受付などで直接このような細かいことをお聞
> きしてもよいものなのでしょうか?

近くの神社さまへお問い合わせいただくか、
もしくは弊社へお問い合わせいただきましたら
お答えできる範囲で回答をさせていただきます。

以上、お返事申し上げます。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

真菰・葦菰につきまして違いのご案内をさせていただきます。

2014年7月24日

真菰(まこも)・葦菰(いこも)につきまして違いのご案内をさせていただきます。

葦菰・・・いぐさで畳表のような細さです。
真菰・・・葦菰と違いもっと太くなり目も粗くなります。

祭壇に敷くのは葦菰でも真菰でもどちらでもお使いいただけますが
敷いた上に物を置くのでしたら葦菰の方が置きやすいと存じます。

【葦菰・真菰】
http://www.ise-miyachu.net/SHOP/266654/266939/list.html